理性の権利(現代哲学への招待―Great Works) [単行本]

理性の権利(現代哲学への招待―Great Works) [単行本] 通販【全品無料配達】

 

米国を华丽臻

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    主観主義や相対主義を退け、普遍に妥当する「理性」の可能性を、言語や数学から、科学、倫理学、進化論型自然主義に至るまで、一貫して追求する力強い思索。サイエンス・ウォーズとその絶頂たるソーカル事件を論じた「理性の眠り」を併せて収録し、哲人ネーゲルの現在地を明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 序論
    第2章 なぜ外側からの思考は理解できないのか
    第3章 言語
    第4章 論理学
    第5章 科学
    第6章 倫理学
    第7章 進化論型自然主義と宗教恐怖症
    理性の眠り―哲学者の見た「サイエンス・ウォーズ」
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ネーゲル,トマス(ネーゲル,トマス/Nagel,Thomas)
    1937年、ユーゴスラヴィア生まれ。1958年にコーネル大学を卒業。1960年にオックスフォード大学でB.Phil.、1963年にハーヴァード大学でPh.D.を取得。カリフォルニア大学バークレー校やプリンストン大学で教鞭を執ったのち、現在はニューヨーク大学教授。認識論・心の哲学・倫理学・政治哲学など幅広く研究

    大辻 正晴(オオツジ マサハル)
    熊本大学文学部准教授。哲学。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
  • 出版社からのコメント

    世にはびこる主観主義や相対主義を退け、普遍妥当の理性の可能性を言語や科学から道徳・倫理学まで一貫して追求する力強い思索。
  • 内容紹介

    世にはびこる主観主義や相対主義を、自然主義・還元主義とともに退け、普遍に妥当する「理性」の可能性と限界を、言語や数学から、科学、倫理学、宗教の領域に至るまで一貫して追求する力強い思索。ソーカル事件に端を発するサイエンス・ウォーズを論じた「理性の眠り」を併せて収録し、賢人ネーゲルの現在地を明らかにする。
  • 著者について

    トーマス・ネーゲル (トーマスネーゲル)
    1937年、ユーゴスラヴィア生まれ。1958年にコーネル大学を卒業。1960年にオックスフォード大学でBPhil、1963年にハーバード大学でPh.D.を取得。カリフォルニア大学バークレー校やプリンストン大学で教鞭を執ったのち、現在はニューヨーク大学教授。専門は、認識論・心の哲学・倫理学・政治哲学。邦訳のある著書に『コウモリであるとはどのようなことか』(勁草書房)、『哲学ってどんなこと?: とっても短い哲学入門』(昭和堂)がある。

    大辻 正晴 (オオツジマサハル)
    熊本大学文学部准教授。哲学専攻。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。論文に「言語論的転回――ラッセル判断理論とウィトゲンシュタイン」(『科学基礎論研究』83、1994年)、「「世界の形式」を巡って」(『人文学報』286、1998年)ほか。翻訳 に『フレーゲ著作集4 哲学論集』(共訳、勁草書房)、A ・ケニー『フレーゲの哲学』(共訳、法政大学出版局)、アンスコム「一人称――「私」は何を意味するか」(『文学部論叢』104、2013年)。
商品仕様
出版社名:春秋社
著者名:トマス ネーゲル(著)/大辻 正晴(訳)
発行年月日:2015/04/25
ISBN-10:4393323467
ISBN-13:9784393323465
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:249ページ ※246,3P
縦:20cm
その他: 原書名: THE LAST WORD〈Nagel,Thomas〉
よくわかるMicrosoft Word2010&Micros-Microsoft Word2010Microsoft Excel2010対応 [単行本] ふわとろ-SIZZLE WORD「おいしい」言葉の使い方 [単行本] ながい
ドリフターズ お守り(願い事札入) ジャンヌダルク [キャラクターグッズ] ガルフストリーム G-ⅣSP オランダ空軍 「V-11」 [1/72 フルレジン製組み立てキット] クラシカル
トッキュウジャー 517-606 [クルーソックス 1号 16-18cm 白] ?厚い I am SEINA [単行本]